スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
今 体調崩すわけにはいかないのだが・・・しかし。
2007-02-20 Tue 07:45
生まれてきた 意味 を探す
というよりは むしろ
生きててもいい 理由 を探している


昔の夢から覚めたときの
何とも言い難い感情

懐かしさなんていう
生温いものじゃなく
過去の自分の浅はかさだとか
それに対する後悔だとか
今更 そんな感情に苛まれている
自分に対する嫌悪感だとか・・・

今の自分も 数年後また夢に見たら
きっと同じような感情を抱くのだろう

終わりのない繰り返し

生きる程に知ってゆく
自分の無力さと 理想と現実の間の越えられない壁を




もうどんなにしても戻れない過去へ
そこそこ安定していた筈の心が引き戻される

自分で意識している記憶は薄れても
確実に私の脳に刻み込まれている
実際にあったこと として・・・
それはふとした瞬間
思いもよらない時に 突発的に現れる
まるで 忘れさせるものか と、何かの意思が働いているかのように

今更どんなに後悔して どんなに心を乱したところで
記憶を捻じ曲げる ―過去をやり直す― ことなど
不可能であるし 何の意味もないのだろう
可能であったにせよ 所詮自己満足にすぎないのだから

理屈としては解っているつもり
でも実際は必ずしも筋の通らない 理屈ではない部分が
理屈のみで動くことを拒んでいる



自分の無意識が怖い
深層心理・・・のようなものだろうか
自分の本心を知ることが 怖い
まるで得体の知れない物を相手にしているかのようで

今の自分は 考え方一つ取っても
自分がこういう考え方でありたいという理想を
ひたすら模しているだけなのかもしれない
そう思うことがしばしばある
されど それを確かめるだけの勇気も持ち合わせてはいない

今の自分が本来の自分 ―この言い回しも微妙な物だが―
でないとするならば・・・
私は今まで自分の心が作り上げた
考えうる中でもっとも安全な生き方を 思い描いた役を
ただただ 演じてきただけなのだろうか

誰のために? 誰でもない 恐らくは自身のために・・・

最早 自分自身さえも信じるには足りないものとなりつつある




眠れない
眠りたいかどうかも怪しいところであり

夢を見るのが嫌だ
夢は記憶から作られるものだから

夢も何も見ないくらいに 疲れ果てて泥のように眠れるまで

眠くないのに寝ようとすると ろくな目にあわない
夢を喰うバクが本当にいるのなら
跡形も残さず喰い尽してほしい

目覚めて 苦しくて 泣いて
そんな日が一日でも減るといい

でも苦しむことこそが 過去への償いであるのならば
流す涙が 過去への餞であるならば

私はそれを受け止めるべきなのかもしれない

スポンサーサイト
別窓 | 徒然なる煩悩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
野良猫~になりたーいなっと。(何
2007-02-01 Thu 20:46
荷造りアキタ(ぇ

PCごそごそ漁ってると、色んなゲームのクラやらSSやらが出てくる出てくる・・・
こうしてみると、この2~3年の間に結構な数のMMOやったなーと。思いました。。
もうアンインストしちゃったの入れると両手の指じゃ数え切れんのじゃないかと思います。ウン、タブンソウダ・・・
結構放浪してんなぁ・・・と、我ながら思いましたさ。まぁ、ブログのタイトルも放浪記だし?どでもいいけどさ(ぁ

猫気質と評されるワタクシですが・・・確かにそうかもしんないです。
気まぐれ~・・・ってこれもタイトルに入っとるorz(つまり自覚済み
うん、まぁそんな子だもんで。。フラッと放浪したくなるんですよ。リアルでも(困った奴
いつも計画もほとんど立てずにぶらりと家を出て、おなかが空いたらご飯食べて。公園のベンチでたこ焼き食べながら風の匂いを感じて。鰹節飛んじゃうのは勘弁なんだけどね。
普段通らない道に入ってみて、行き止まりだったり。
あ、ここの家、犬いたんだ・・・とか観察してみたり。
外回るのも疲れて、つまんなくなってくると家に帰って。誰かの帰りを待ってみたりして。

ほんとは歩いていける距離だけじゃなくて、電車とかに乗ってもっと遠くへも行ってみたかったりする。
懐かしい場所もちょっと寄ってみようかなって思ったり。たくさん変わってしまっても、どっか片隅には残ってるかもしれない。何かが。
知らない場所にも、行ってみたい。明確な目的があるわけじゃないけど。何かを探しに行くのかな・・・わかんないや。何か美味しいもの食べれて、綺麗な景色でも見れたらまぁラッキーかなって、そんな感じ。

家ってあれば安心するけど、つまらないんだ。出かけた先で夜を明かすの大好きっ子デス。。一所に留まるのがちょっと苦手。脳みそが凝り固まっちゃいそうでさ。と、いうよりはあれかも。
いつもと違う場所で朝を迎えると、今日は何が起こるんだろうって、わくわくできるんだ。毎日変わらない日常も大切だけど、たまには野良になってみたいのさ。
あと、情が移っちゃうから。ずーっと同じとこにいるとさ。変わってゆくことや、離れてゆくことがどうにも辛すぎるから。そんなの自分のワガママだしね。
メンマの猫


と、メンマの猫が申しておりました。なんてねw
別窓 | 徒然なる煩悩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 杏珠の気まぐれ放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。