FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
祈りはどんなに祈っても届かず
2009-04-08 Wed 23:56
呟く声は蝉時雨に消える
もう何度引き裂かれちぎれただろう
希望が絶望に変わっただろう
今度こそ強くなると約束するわ
だから今はこの手を握ってて
また開幕の合図が響く
仕方なく繰り返しを踊る
この世界を綴る物語 
終末はあなただけの為に
小さく祈り続ける
ただただ幸せに

残された未来がもう少なくても
大切なものを守り通したい
そのためなら神様に逆らうことも
迷わずに厭わずに罪を犯す


夏の蝉のように儚くて
もうすぐ私は死ぬとしても
あなたに傍で笑ってほしい 
倖せをください

もう一度始めましょう
今度はきっと幸せな結末を期待して
せめて最後のその時まで
ずっと優しく微笑んでいられるように


【Dear you -hope- / Dear you 制作委員会】


----------------------------------------------


距離、は当然だけれど 越えようと思わなければ越えられない
遠くの親戚より、近くの他人 とはよく言ったものだ・・・

思えばこんなこと、ずっと昔から私は知っていた
転校することが多かったから、その土地土地を離れる時は必ずと言っていいほど
「手紙書くよ」だとかいう会話を交わしていた気がする
そんなの、よっぽどマメな人じゃなきゃ しないって知ってる
というか、知っていったし 自分もそうなんだと自覚していった

自分の日常にいなくなった人と、連絡とってるほど きっと皆暇じゃない
その時その時の、自分の日常を生きることに精一杯なんだ

社交辞令だって構わないと思う
元気なら、それでいい
時々、あんな人もいたなぁって 
思い出してくれれば それでいい

もし

自分の日常から消えてゆくのが嫌ならば
誰かの日常から消えるのが寂しいのなら

そこに留まり続ける努力をしなければならないのだろう


でも

消えた方がいいのかもしれない
って 思うこともある

もし、相手の進もうとする日常を邪魔してしまっても
私はもう責任をとれないから


期待させるくらいなら、最初から何もない方がいいのかも知れない
忘れたいなら そっとしておいてあげた方が
いいのかも知れない

ただただ、幸せを祈り続け。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ΣΣ(゚д゚lll)ズガーン!! | 杏珠の気まぐれ放浪記 | 連絡事項?>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 杏珠の気まぐれ放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。