スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
無題
2007-01-25 Thu 16:20


暗い部屋の底で
誰かが差しのべた手を
僕は信じきれずに 振り払った・・・

この世の全ては損得勘定で
優しさなんて甘ったるいだけの
偽善でしかないと
そんな風に嘆いては 諦めて
目を閉じ 耳を塞いでた


かすかな声が 光が
届いていない振りを して
裏切られるのが 怖くて
僕は君を 無視し続けたんだ

弱い僕を 君は赦してくれる?
どんな謝罪も無意味に思えて・・・


自分の暗闇の中では 気付けなかったんだ
誰もが少なからず暗闇を持っていて
もしかしたら
次、手を差しのべるのは
僕の方であるかもしれないということ

弱さ故のナレアイでもいいよ
僕が君の暗闇を
ちょっとでも 照らすことができたらいいな

目を瞑って、耳を塞いでいたけれど
君がそっと寄り添った
肩に生まれた温もりは
その時確かに感じられたから


ひとり じゃなくて 一緒に。





毎度お馴染み、何となく日記です(ぁ
まー、色々だね。色々あるんだよ・・・・キットネ(何
別窓 | 徒然なる煩悩 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<マビノギ成分解析なるもの。。 | 杏珠の気まぐれ放浪記 | 巨大ホネ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 杏珠の気まぐれ放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。