FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
美味しいお寿司が食べたい・・・
2007-11-09 Fri 00:12
某Y○hoo!のトップページを何の気なしに開いたら、美味しそうなマグロトロ寿司の画像が出てました(*´p`*)
それを見て思い出したこと。
もう何年くらい前になるのだろう…昔、伊豆の祖父母の家に遊びに行った時、西伊豆の田子にある「天狗寿司」というお寿司屋さんに連れて行ってもらったことがありました。
当時、私は小学生だったか中学生だったか…幼ながらにも、そこのお寿司の美味しさには衝撃を受けました。
今でも、あの味を超えるお寿司にはまだ巡り会っていません。

そういえば、ムツゴロウさんの名前でお馴染みの、畑正憲さんの色紙も飾ってあったなぁ…と、お店の中の様子もよく覚えています。

兎も角、それ以来頻繁ではありませんが、幾度か足を運んで美味しいお寿司をいただきました。
祖父から聞いた話によれば、当時のおやじさんは作るお寿司にプライドと愛情を持った方で、お酒に酔った客が来ると「酒で痺れた舌で寿司を食ってもらいたくはない」と追い返すこともあったそうな…
ちなみに祖父はお酒飲めない人なので、そんなことはなかったでしょうが…(笑)
あれだけ美味しいお寿司を作るのですから、私は激しく同意できます。


それから代替わりして、若旦那さんがお店をやるようになった という話は聞いていました。
しかし、私も引越しで伊豆から距離のあるところに住むようになってからは、なかなか行く機会もなく足が遠のいておりました。
そして、久しぶりに祖父母の家へ遊びに行った時、「行こうか」という話になり、予約の関係でお店に電話をしたところ…

その跡を継いだ若旦那さんが、お亡くなりになった…という事実を知らされました。
先代のおやじさんも、既にお亡くなりになっていたので、事実上あのお寿司を作れる人は誰もいなくなってしまった…皮肉にも、本当に「幻のお寿司」となってしまいました。
ご病気だったか、事故であったか、記憶は定かではないのですが、こんなことも…あるんだなぁ。と俄に信じられずにいました。

もっと、たくさんの人にあのお寿司の素晴らしさを知って欲しかった。そしてわたしも、もっともっとその素晴らしさに触れていたかったです。
お寿司の味も然ることながら、職人としての姿勢に強く惹かれていただけに、残念でなりませんでした。

このことも、もう何年も前の話ですが、あのお寿司の味を通して「天狗寿司」は私の中で生き続けています。
例え、もうそこに、現実には何も見えなくなってしまっても。
目に見えるだけの現実は、残酷なほど変わってゆくものだとしても…それでも私は忘れません。
確かに、そこにあったこと。職人の心が息づいていた、その場所を。
別窓 | 徒然なる煩悩 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<今更ながら… | 杏珠の気まぐれ放浪記 | かーどりーだぁ>>
 天狗寿司。東日本で一番って言われているほどのお寿司屋さんだったみたいね。
 私は食べたことがなかったのだけど、惜しいことをしたな・・。

 それはそうと、伊豆にはまた旅行で行きたいですにゃ、という思いが強くなりましたよ。
2007-11-10 Sat 14:22 | URL | Ruby #n7WYI2SY[ 内容変更] | top↑
ほへぇ…そうだったんだ?
まぁ、伊豆は景色のいい所もいっぱいあるし、また時間に余裕ができたら行きたいですねぇv
2007-11-13 Tue 12:16 | URL | 杏珠 #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 杏珠の気まぐれ放浪記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。